イベント・セミナーのご案内

徳島県東京常設展示場LED・藍セミナー

オンライン配信期間

11月16日(月)~12月15日(火)

オンライン配信

 

アーカイブ

【徳島県】LED応用製品等東京常設展示場(Blue2@Tokushima)紹介
 

アーカイブ

照明デザインの現場 現在〜未来へ
①自己紹介、照明デザインの原則
 

アーカイブ

照明デザインの現場 現在~未来へ
②事例(静岡県富士山世界遺産センター)
 

アーカイブ

照明デザインの現場 現在~未来へ
③事例(高輪ゲートウェイ駅)
 

アーカイブ

照明デザインの現場 現在~未来へ
④未来の照明(Nightscape2050)

主催: 徳島県商工労働観光部新未来産業課

徳島県では、徳島が誇る地域資源である、「LED」と「藍」という2つのブルーの魅力を広く発信し、県内企業の販路開拓や新事業展開、県外企業との協業を促進するため、東京・新宿パークタワーの「リビングデザインセンターOZONE」の7階に「LED応用製品等常設展示場」を設置しています。
東京常設展示場では、LEDや藍を使った「徳島ならでは」の応用製品の魅力を体感できるほか、新製品開発や製品の付加価値向上のヒントにつながる、藍染め建材・LEDモジュールなどの素材も展示するとともに、企業の方々が交流するハブ拠点の機能を有しています。
東京常設展示場が立地する「リビングデザインセンターOZONE」は、住関連のショールーム群や新築・リフォーム・インテリアの相談、イベントやセミナーまで、快適な住まいを提案する「住まいとインテリアのソリューションセンター」であり、建築家やインテリアデザイナー、コーディネーターなどのプロフェッショナルや感度の高いユーザーが集まる場所として、認知拡大やネットワーク拡充が大いに期待できます。
東京常設展示場では、この立地も活かし、様々なセミナーや特別展示といったイベントを行っていますが、今回、現地に行かなくてもオンライン上で、セミナーを受講いただくとともに、展示品についても体感していただきます。

タイトル

照明デザインの現場 現在~未来へ

概要

「高輪ゲートウェイ駅」や「静岡県富士山世界遺産センター」など、最新の国内照明デザインのプロジェクトを通じて、照明デザイナーがどのようなことを考え模索しながらプロジェクトに携わっているか、その原則やLED照明ならではのディテールや課題、今後求められることについてお話しします。

講師

窪田 麻里 氏

株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ
取締役/シニアアソシエート
東京生まれ。東京都立大学工学部建築学科卒業。
チーフデザイナーとして数多くのプロジェクトを担当し、企画広報の担当役員としても活躍している。
北米照明学会・国際照明デザイン賞・優秀大賞、日本照明学会照明デザイン賞優秀賞など受賞。
国際照明デザイナー協会(IALD)アソシエート会員。
東京理科大学大学院非常勤講師。

お問い合せ

徳島県商工労働観光部新未来産業課
TEL : 088‒621‒2121 FAX : 088‒621‒2897
E-mail : shinmiraisangyouka@pref.tokushima.jp
URL : https://led-valley.jp/